homeHOME next不妊治療を始めるタイミング next不妊治療はいつから?

不妊治療はいつからがベスト?

不妊治療を始める一般的な流れは、やはり2年間避妊していないにもかかわらず妊娠しない、という課程が存在します。それから不妊症かどうかの検査が行われ、原因の特定が行われ、治療が開始されるといった流れでしょう。ですが不妊や加齢による卵子の劣化などが認知されるととともに、そうした流れにも変化が起きているようです。

不妊治療に早すぎ、はない?

不妊治療といえば30代から40代ぐらいの、一定期間妊娠しなかった人が行うイメージが強いですが最近は20代から始める人も少なくありません。とくにもともと生理周期が不安定だったり、子宮筋腫をもっているといった人は不妊に対する知識を若いころからもっており、比較的早い時期から行動を起こしているようです。また、若いころに過度なダイエットなどによって生理が止まってしまったという経験をした人のなかには排卵障害を併発していることもあり、不妊に対する危機感をとても強く持っているのだとか。

そのため、不妊治療をはじめるのにベストなタイミングは、正直にいえば個人で違うというのが結論です。しかし加齢によって妊娠する確率がどんどん低くなっていくのを考えれば、不妊を意識していなくても不妊になる可能性があるかどうかぐらいは知っておいた方が無難でしょう。最近はブライダルチェック、という妊娠するのに問題があるかどうかの診察を行っている産婦人科もふえました。不妊かどうか確認する、のではなく妊娠できる確信を持つために一度受けてみることをおすすめします。

そして子作りを開始し、2年経っていなかったとしても不妊治療を行うことは間違ってはいません。年齢を引き合いにだしてばかりですが、決定的な原因がないのであれば若い方が確実に妊娠しやすいのは事実です。さらに子育てをする体力面や、成人する頃の親の年齢を考えてみると、やはり早ければ早いほど望ましいといえるでしょう。もちろん不妊治療をするには先に結婚をしなければなりませんが、独身の場合でもブライダルチェックを受け、妊娠しやすい体作りを心がけることが望ましいですね。

ギリギリで後悔する前に

不妊治療を行ううえで、年齢はどうしても切っても切れない関係にあります。とくに40歳は大きな節目となり、治療を行ったとしても妊娠できる確率は限りなく低くなってしまうそうです。

そのため、40歳を目前にし慌てて不妊治療専門の病院に駆け込んでも、なかなかよい結果を得ることは難しいのだそう。とくに喫煙の習慣があったり不摂生な生活をしている場合、すでに妊娠しにくい体質になっている可能性もあります。その状態から体質を改善して治療を、となるとさらに事態はひっ迫してきてしまいますね。

ですのでいずれは妊娠、出産を望むのであれば若いうちから「妊活の基礎」を整えておくことが重要です。体を冷やさないようにしたり、栄養バランスや規則的な生活も心がけましょう。そうした若いころからの努力は、きっと将来の妊娠の手助けになってくれるはずですよ。そして不妊治療に早すぎる、ということはありません。早い人は20代前半から始めることもあるほどです。若いうちはなかなか不妊治療に踏み切れない、ということも多いようですがまずは勇気を出して相談に出向いてみることから始めてみましょう。

PAGETOP