homeHOME next「選択子なし」をした人たち next「産まない決断」とその後

子供がいない女性が子供のいる女性に対して実は思っていること

普段の何気ない会話のなかで、子どもを持たない女性が子どもの人数を聞かれたときなどに「子どもはいない」と答えると、「どうして?」と突っ込まれるだけならまだしも、根掘り葉掘りその理由を聞かれて困惑することが少なくないといいます。子どもを持たない選択を理由はさまざまで、それらは全く個人的かつデリケートな問題だけに、そんな質問が心に突き刺さってしまう場合があります。

そんなとき、自分ではなかなか言い出せないだけに同性として気づかってもらいたいことは実はあるということです。こちらにそんな女性たちの本音を集めてみました。

◆私はそんなに「かわいそう」な人間ではありません

子どもを持てなかったことは、深い心の傷になっている場合もあります。しかし、それぞれ苦労を乗り越えて心の平安を得ています。そして、子どもを持っている人を羨んでいることもありません。ですので、同情は不要ですし、自分の前でお子さんの話をしていただいても一向にかまいません。

また、もともと子どもを望んでいたことがあったとしても、現在の子どもを持たない人生の選択を後悔しているとは限りません。それどころか、立場の違う人からの不用意な同情は、かえってプライドが傷ついてしまう場合があります。どうか、「さらりと」お願いいたします。

◆「本当は子どもがほしいのでしょう」という思い込みはやめて

私たちが子どもを持たない選択に満足している、といった時に、「子どもを持ってみればわかりますよ」とか「不妊治療すれば、まだ大丈夫でしょう?」などという言葉は不要です。異なる価値観を持っている人に、自分の人生の選択について、とやかく言われる義務はあるでしょうか。それに、子どもを持っている・いないで人間の優劣を論じられてはたまったものではありません。 子どもがいないからといって、子供嫌いとは限りません 人によって違うかもしれませんが、私たちは、自分の子どもをもたなかったからといって、必ずしも子ども嫌いなわけではありませんし、子どもと接することを避けているわけでもありません。どうか、「子ども嫌いなおばさん」との偏見を持たないでください。それに、子ども中心のイベントに参加することも全くやぶさかではありません。もちろん、子どもがいる人との女子会などへも喜んで参加します。

◆本当は、こんな言葉は傷つきます

腫れ物に触るかのように、子どもの話題を避けられるとかえって困惑してしまいますので、全く普通の会話に参加させて頂けるのが一番ありがたいのですが、さすがにこんなことを言われると、滅入ってしまいます。たとえ実際にこんな言葉を面と向かって言われたとしても適当にかわすことはできますが、価値観に優劣はないわけですし、本人にしか理解できない苦労も心情もあります。大人の対応でお互いの違いを尊重し、理解し合ってよい関係を築いていきましょう。

●「女は子どもを持ってこそ一人前よ」
●「子供は可愛いわよ。どうして産まなかったの?」
●「人生で、子どもを育てることが一番素晴らしいことだわ」
●「子どもが嫌いなの?」
●「後悔しないうちに産んでおいたほうがいいわよ」
●「できなかったのなら、養子をとれば?」
●「あなたの老後は誰がみてくれるの?」
●「(蔑んだように)あなたは子どもよりも仕事が大切な人なんですね」

参考サイト:http://www.huffingtonpost.jp/helene-tragos-stelian/storywomen-without-children-7_b_7567330.html

PAGETOP