homeHOME next不妊を取り巻く問題 nextセックスが生殖行為に?

セックスが生殖行為に?

不妊の治療には欠かせないのがセックス。とくに検査薬や基礎体温などから排卵日を割り出して妊娠する確率をあげるタイミング療法や、排卵誘発剤を使用する場合はセックスは不可欠となります。しかし、あまりに妻が「妊娠」だけにとらわれすぎてしまうと、夫婦間に問題が起こる可能性があるのです。

セックスが生殖行為になってしまう

不妊に悩む女性にとって、妊娠はいわば目指すべき頂上です。しかもその頂上に登るチャレンジができるのは、月に一度だけ。そのため女性にとって排卵日前後や排卵誘発剤を使用したときは非常に重要な意味をもちます。

そんなことから排卵日前後は夫の体調やムードも関係なく、セックスを義務と課す妻も珍しくありません。もしそこで夫が断ろうものなら「子供が欲しくないのか!」「何のために頑張っていると思っているんだ」などの罵言暴言が飛び出すのだとか。さらにセックス自体も恋人同士の頃のような愛のある雰囲気はなく、挿入し、射精すればあとは用なしといわんばかりというケースが多いようです。

これではいくら不妊治療に理解のある夫でも、セックスしようという気持ちどころか妻への愛情さえ冷めてしまいますね。本来ならば愛し合う男女がお互いを思いやって行わなければならないものが、子供を作る手段という生殖行為になってしまうのです。妻にとっては夫との子供を少しでも早く妊娠したい、という気持ちからくるもので決して愛情がなくなったわけではないのでしょう。ですがそうした夫婦間の認識のずれは、大きな亀裂をうむ要因となりかねません。

不妊治療が原因でEDになることも

このようなセックスに対する認識のずれやプレッシャーは、夫の気持ちに大きな悪影響を及ぼします。その結果として起こるのが、ED。実は意外と多いようで、排卵日にはセックスをしなければいけない、というプレッシャーは夫にとって相当なもののようです。なかには「排卵日」と聞いただけで気分が憂鬱になったりする人もいるそうで、いかに大きなストレスとなっているかがうかがえますね。

こうしたEDの場合は、バイアグラなどのED治療薬を用いることでセックス自体は問題なく行えるようになるでしょう。しかし性器に問題があるわけでなく、精神的なものからくるEDですので、根本的な解決にはなりません。もし治療薬を使用し妊娠したとしても、EDを克服したわけではありませんので産後セックスレスとなることも多いのだそうです。

こうしたセックスに対する考え方のずれは、早いうちに修正しておきましょう。妻がどういう気持ちからセックスを強要するような行動に出ているのか、その行動を受けて夫がどう感じているのか、しっかりと腹を割って話し合うことが大切です。もし妻がその話し合いすら拒否するようならば、かなり精神的に追い詰められていることが考えられます。治療を一時中断することも含め、医師に相談してみましょう。意外と不妊治療を忘れて普段通りに生活したら妊娠した、という話も多くあります。治療の中断が不妊にとって必ずしもマイナス、というわけではないようですよ。

妻が夫とのセックスを生殖行為としかとらえられなくなってしまう、ということはやはり何らかの問題があることが多いです。不妊治療に夫が理解がない、いやいや協力しているなどがある場合もあります。そうした態度も含め、ぜひ一度、お互いに思いのたけをぶつけあってみることも大事なのではないでしょうか。妊娠という頂上を、夫婦で心から喜べるよう、ぜひ歩み寄ってみてください。

PAGETOP