homeHOME next不妊を取り巻く問題 nextセックスが生殖行為に?

不妊が原因で夫婦関係に亀裂?

子供を熱望する夫婦にとって不妊はとてもつらいことでしょう。晩婚化がすすみ、不妊治療もかなり認知されてきた現在でもやはり結婚し、夫婦となれば自然と子供ができるものと誰もが思っているはず。まさか自分たちが不妊に悩むなんて思いもよらなかった、という人は少なくないのではないでしょうか。

とくに不妊治療は女性にとっても男性にとってもつらいものですので、精神的に疲弊してしまうこともあるかもしれません。ですが、そんなときこそお互いを思いやる心が大切です。

不妊の原因である相手を責めない

自分自身に全く問題がなく、パートナーが原因で不妊治療をおこなっている場合、どうしても相手を責めたくなってしまうことが少なからずあるはず。とくに女性の場合、身体的負担も相まってきますのでそういた気持ちを感じることは多いでしょう。

しかしそれを実際に口に出し、パートナーを責め立てるようなことは絶対にしてはいけません。ただでさえ子供を作ることが難しい体、という事実にショックを受けてるなか、さらに責め立てられては自信どころか尊厳さえ失いかねません。しかも責めてくる相手がいちばん信頼し、本来ならばよりどころとならなければいけないパートナーとあっては信頼すら崩壊してしまいます。不妊治療はあくまで子供を持つための手段で、妊娠、出産となればこの先ずっと2人で協力し合っていかなければならないのです。子供を持つ前に信頼関係が崩れてしまっては、治療どころか夫婦として続けていくことすら難しくなってしまうかもしれませんよ。相手を思う気持ちがあるならば、グッとこらえることが大切です。

どうしても相手を責めたくなってしまったら?

ですがそうした相手を責めたくなる気持ちを一切持つな、ということは難しいかもしれません。頑張ってひた隠しにしていても、段々と抱えきれなくなってしまうでしょう。その場合は爆発してしまう前に、医師に相談してみてはいかがでしょうか。不妊の治療を扱っている医療機関の医師ならば、少なからずそうした思いを抱えた患者をみてきているはずです。ベストな解決法はなくても、話すことで多少気分が落ち着くこともあるのではないでしょうか。

また、必要ならばカウンセリングや心療内科などに出向くことも視野に入れてみましょう。カウンセリングや心療内科、というとなんとなく足を運びにくいイメージですがそんなことはありません。最近はちょっとした悩みや寝入りが悪い、というようなことでも気軽に心療内科にかかる人も多く、以前のような閉鎖的な場所ではなくなってきました。

実は不妊によってうつを発症する人は珍しくなく、とくに女性の場合は不妊治療のために退職することも多いのでうつになりやすい傾向にあります。そうしたことから、不妊治療と並行してカウンセリングなど精神的なケアを受ける人は多いそうです。最近では不妊治療を受けている病院と提携しているような心療内科などもあるそうなので、精神的にどうしてもつらくなったら専門家の手をかりているのもおすすめですよ。

不妊治療はすぐに結果が出る場合もあれば、10年続けても結果が出ない場合もある、いわば先の見えない治療です。そのためお互いに精神的に疲弊しやすく、不妊が原因で離婚にいたるケースも少なからずあるのだとか。そのようなことにならないためにも、パートナーとしっかり話し合い、必要であれば専門家の手付けを受ける勇気も必要です。

PAGETOP