homeHOME next不妊検査のいろいろ next「ブライダルチェック」とは?

結婚前に受けたい「ブライダルチェック」とは?

ブライダルチェックとは、結婚前の女性が受ける婦人科検診のことです。妊娠や出産に問題がないかどうかの確認はもちろんのこと、子宮筋腫や子宮頸がんなどの病気を早期発見しやすいというメリットもあります。

最近では女性の初婚年齢が上がっていますので、結婚後なるべく早く妊娠を望む人は、ぜひブライダルチェックを受けるようにしましょう。またその際、できれば男性にも受けてもらったほうがより妊娠がスムーズにいく可能性が高まります。

女性が受けるブライダルチェックについて

ブライダルチェックには法的な基準がありませんので、実際の内容は検査をおこなう婦人科によりますが、以下のような検査が代表的です。

・血液検査(風疹抗体検査を含む)
・おりもの検査
・経膣エコー検査
・子宮頸がん検査(細胞診)
・性感染症検査
・乳がん検査

これらの検査を一通り受ければ、婦人科の病気や、子宮・卵巣の異常などを高確率で発見できます。
ただし人によっては普段から定期的に受けている検査もありますので、医師と相談の上、自分で受けたい項目だけをピックアップすることも可能です。

中でも、普段なかなか調べる機会のないものに「おりもの検査」や「性感染症検査」があります。また経膣エコーも、現在の子宮や卵巣の状態を確認するのに役立ちますので、以前に受けたことがあってもなるべく受けるようにしましょう。

ちなみに風疹抗体検査は、妊娠中の風疹感染が危険なため、妊娠を希望する女性は念のために受けておくと安心です。結果が陰性だった場合は、早めにワクチンを打っておきます。

晩婚カップルの場合は、ぜひ男性もブライダルチェックを

ブライダルチェックを受けるメリットは、結婚後スムーズに妊娠できる可能性が高くなることです。たとえばクラミジアなどの性感染症にかかっていることに気づかずに結婚すると、パートナーに移してしまうのはもちろんのこと、卵管が腫れるなどして正常に妊娠が成立しないこともあります。

事前に検査を受けておけば、スッキリと治療してから結婚生活を送れますので、妊娠の障害が少なくなるのです。

またブライダルチェックは女性のみならず、できれば男性側にも受けてもらいたい検査です。男性の場合、性感染症は女性よりも自覚しやすいといわれますが、中には気づかずに感染している人もいます。

そして精液検査も、できることなら受けておくとなお安心でしょう。特に男女ともある程度の年齢になってから結婚する場合、もし1日も早く子どもを望むのであれば、早めに基礎的な検査を済ませておくことは非常に大切です。

もし何らかの異常があるのに気づかないまま自然妊娠を狙ってしまうと、結果的に時間のムダ遣いになってしまいます。特に晩婚カップルの場合は、不妊原因はなるべく早くに発見して治してしまうようにしましょう。

ちなみに男性のブライダルチェックは、泌尿器科のほか、一部の産婦人科ではカップル一緒に受けられるところもあります。

PAGETOP