homeHOME next不妊検査のいろいろ next女性が受ける基本的な不妊検査

女性が受ける基本的な不妊検査

不妊治療を開始するにあたっては、まず原因を特定するためのさまざまな検査を受けることになります。ここでは女性が受ける基本的な検査についてご紹介します。

排卵を調べるための検査

排卵の有無を調べるために、もっとも基本となるのが基礎体温の測定です。きちんと低温期と高温期が分かれている「二相性」であれば、排卵があると考えられます。

また血液検査や尿検査で、ホルモン値を測定する検査もおこなわれます。排卵日が近づくと脳下垂体から多量のLH(黄体形成ホルモン)が分泌されるため、排卵の有無を調べるのに役立ちます。

特に基礎体温で高温期が10日未満しかない場合はLHが十分に分泌されない「黄体機能不全」が疑われるため、ホルモン値の検査は必須となります。

次に排卵を調べるために広くおこなわれるのがエコー検査です。膣から超音波を発するプロープを挿入し、卵胞の有無や育ち方を確認します。 さらに排卵後に卵胞がなくなっていることが確認できれば、排卵があったと判断されます。

卵管の状態を調べるための検査

排卵があっても卵管に詰まりがあると受精卵が子宮にたどり着けないため、次におこなわれるのは卵管の検査です。

もっともポピュラーなのは「子宮卵管造影(HSG)」で、子宮頸管から造影剤を注入した上でX線撮影をおこないます。月経開始後3日目~10日目までの間に実施し、造影剤が卵管を通って子宮内に着いたかどうかを調べるために2日連続で受けることが一般的です。

造影剤が卵管を通る際に強い痛みを感じる人もいれば、ほとんど感じない人もおり、苦痛は人によって大きく感じ方が異なるようです。

卵管造影で異常が疑われた場合は、引き続き「腹腔鏡検査」を受けます。おなかにごく小さな穴を開けて炭酸ガスを注入し、おなかがふくらんだら内視鏡を挿入して中を確認します。
入院が必要な検査で、全身麻酔をした上でおこないます。これで卵管の詰まりや癒着が発見されれば、その場で広げる腹腔鏡手術をおこなうこともあります。

子宮や子宮頸管の状態を調べる検査

子宮は経膣エコー検査で中の様子をわりと簡単に調べることができます。その結果、子宮の形態異常や子宮筋腫などが疑われる場合は、内視鏡カメラを直接挿入して中を見る「子宮鏡検査」がおこなわれます。

また精子の通り道である子宮頸管を調べる検査としては、排卵日前に粘液が分泌されているかどうかを調べる「頸管粘液検査」や、性行為の後に残っている精子の数を調べる「フーナーテスト」などがあります。

PAGETOP