homeHOME next不妊の原因いろいろ next男性側の不妊原因~性機能障害

男性側の不妊原因~性機能障害

赤ちゃんがほしい夫婦のための、「不妊」の基礎知識

男性側に考えられる不妊因子の1つがED(勃起不全)などの性機能障害です。かつては高齢層の男性に多い症状だったため、不妊と結び付けられることは少なかったのですが、 近年では若い世代にも増えていることから立派な不妊原因の1つとして捉えられています。

精神的なストレスからくるEDが増えている!

EDと聞くとまったく勃起しないことをイメージする人が多いのですが、実際は中折れしてしまう、硬さが十分でないなどの状態も含まれます。要は勃起が十分でないために満足な性交をおこなえない状態、 ということです。

もちろんセックスレスにつながる上、最後まで勃起を持続させられないために妊娠ができない原因にもなります。

EDには、体に問題がある「器質性ED」と、心に問題がある「心因性ED」に大別されますが、若い世代の男性では後者のほうが多いと推測されます。心因性は、 性に直接関係のない仕事上の悩みや対人関係のストレスなども含まれます。
ED原因である器質性、心因性、薬剤性などを詳しく解説⇒https://www.hama1-cl.jp/ed_dictionary/about_ed/

また妊娠をあせる妻にプレッシャーをかけられることも、心因性EDを引き起こすきっかけになり得ます。男性の性機能は非常にデリケートですので、 排卵日の性行為を強要されると体がうまく反応しなくなることがあるのです。

しかし女性側は年齢的にタイムリミットがあるため、このあたりは非常に難しい問題だといえるでしょう。こういった問題が原因で、夫婦仲が悪化してしまうケースも存在します。

ちなみに抗うつ薬などの服用している薬が原因となる「薬剤性ED」もありますので、常用している薬がある男性はその可能性も考慮する必要があります。

気軽にED治療薬の活用を

ただしEDには現在、バイアグラをはじめとする優れた治療薬が存在するため、自然妊娠も夢ではありません。ED治療薬は、他に重篤な持病や服用している薬などがなければ、 簡単な問診だけで処方してもらえることがほとんどです。一般的な不妊の検査と異なり、男性にとって抵抗感のある検査を受けることはほぼありません。

ぜひ子宝に恵まれるためにも、気軽に泌尿器科やED専門のクリニックなどに相談してみましょう。また夫婦がお互いに思いやりを持ち、関係を良くする努力も同じくらい大切だといえそうです。

また勃起障害のほかにも、射精がうまくいかない性機能障害もあります。例えば精子が尿道口ではなく膀胱に送られてしまう「逆行性射精」などです。これは事故や手術などの外傷で、 脊髄や神経が損傷することによって起こるケースが多く見られます。

治療としては三環系抗うつ薬が用いられるほか、場合によっては膀胱内から精子を採取して、人工的に授精する方法も検討されます。

PAGETOP