homeHOME next不妊の原因いろいろ next女性側の不妊原因~子宮頸管因子

女性側の不妊原因~子宮頸管因子

赤ちゃんがほしい夫婦のための、「不妊」の基礎知識

排卵、受精卵の移動、そして着床に関わるすべての因子に問題はないにもかかわらず、そもそも精子が女性の体内に進入できないことが原因で不妊となるケースがあります。これが子宮頸管の問題です。

膣と子宮をつなぐ子宮頸管に何らかの原因があると、精子を受け入れられなくなってしまいます。

精子をブロックしてしまう抗体とは?

精子の進入を妨げる問題の1つが、「抗体」の存在です。

人の体には免疫機能が備わっており、異物を排除するように出来ています。実はその異物の中に、精子が含まれている場合があるのです。

膣から子宮につながる子宮頸管という部分に、精子に対する「抗体」が存在すると、精子は外敵として排除されてしまいます。本来、精子は生殖に必要なものですので抗体が作られることはないのですが、場合によってはできてしまうことがあります。

抗体の強さは人によって異なり、それほど強くない場合は自然妊娠できることもありますが、強い場合は人工授精などを考慮しなくてはいけないケースも見られます。

抗体は異物が進入すればするほど強度を増すため、むやみに性行為を重ねすぎるとますます抗体が強化されてしまいかねません。ですから抗体を持つ女性は、夫婦生活で避妊具をつけることが望ましいとされています。

粘液を採取して運動性のある精子の数を調べるもので、10個以下の場合は抗体の存在が疑われます。

粘液の不足が原因となることも

また抗体のみならず、子宮頸管因子としては粘液の不足も考えられます。通常、子宮頸管は排卵日が近づくと粘り気のある液体を出します。おりものでも分かる場合がありますが、この粘液によって精子はスムーズに体内へと進入できるのです。

しかしホルモンバランスの乱れや子宮頸管の炎症などがあると、この粘液が十分に分泌されずに精子の通りを悪くしてしまうことがあります。

炎症の原因としてはクラミジアやHPV(人パピローマウイルス)への感染、または子宮内膜症などが考えられます。

これを調べるためには、排卵日に合わせて子宮頸管粘液の量や粘り気をチェックする検査がおこなわれます。排卵日の2~3日前がもっとも望ましいとされています。

また顕微鏡で粘液を観察するとシダ状の結晶が見えるため、その結晶形成も診断に役立てられています。これは排卵日を特定するためにも活用されている検査です。

このように卵巣や卵管、子宮に異常はなくても、入り口の問題で不妊が起こる可能性もあるのです。

PAGETOP