homeHOME next不妊の原因いろいろ next女性側の不妊原因~加齢による卵子の老化

不妊の原因いろいろ

赤ちゃんがほしい夫婦のための、「不妊」の基礎知識

女性は一生に排卵する卵子を生まれながらに持っています。毎日新たに作られる精子とは大きく異なる点です。

それだけに高齢になればなるほど卵子は老化し、質が落ちることで不妊の原因になるのです。

妊娠適齢期は昔から変わっていない!

一般的には月経の見られる間はいつでも妊娠の可能性があるといえます。しかし確率でいえば必ずしもいつでも高いわけではなく、適齢期といえるのは10代後半~30代前半といわれています。

初潮を迎える10代前半の時期は、まだ体が十分に発育していないため妊娠率は低くなります。また30代後半以降は卵子の老化によって妊娠が成立しにくくなり、特に40代後半になると著しく確率が低下してしまうのです。 50代になるとほぼゼロに近くなるといわれていますが、稀に妊娠するケースが報告されています。

このようなことから、女性の「35歳」という年齢が妊娠における1つの目安となっています。

卵子のもととなる原始卵胞は胎児のころから持っているため、単純に卵子の年齢は「現在の年齢+1歳」となります。たとえ見た目が若く体が十分に健康であっても、卵子の老化だけは止めることができません。

まず加齢によって卵巣内における卵胞の数が減少するため、それだけでも妊娠しにくくなります。さらに細胞レベルでさまざまな劣化が進み、たとえ妊娠が成立しても胎児に異常が発生するリスクが高くなるのです。

胎児の奇形率と母親の年齢を調べたデータによれば、もっとも確率が高かったのが10代と40歳以上の女性で、リスクが低かったのが20歳~35歳となっています。

卵子の老化について知らされなかった女性たち

しかし女性の社会進出が進んできた中で、このことについての知識が広まっていなかったことが大きな問題と考えられています。男性と肩を並べて働くことを社会的に推奨されてきた中で、 女性も妊娠率について深く考えることなく生きてきたのはある意味仕方のないことといえるでしょう。

もちろんそのうち卵子の凍結保存などによって、好きな時に子どもを授かれる時代がやって来ると思われますが、まだその技術は完全に確立されていません。 また育児を精力的にこなすためにはある程度の体力も必要であることから、必ずしも高齢になってからの出産が望ましいとはいえないのが現実でしょう。

最近では卵子の老化についてNHKなどが特集番組を放送するなど、多くの女性に警鐘が鳴らされるようになってきました。生理があるうちはいつでも問題なく妊娠できる、 という思い込みをすべての女性がなくすと同時に、女性が安心して妊娠できる社会的な環境を整えることも必要とされているのです。

PAGETOP