homeHOME next効果がでないとき next治療断念後、子供をもつには?

治療断念後、子供をもつには?

治療断念後も、子供を欲しいと願う夫婦は多いはずです。では具体的に、子供をもつためにはどのような方法があるのでしょうか。

養子をむかえる選択

自分たちの間に子供が望めない夫婦がまず考えることといえば、やはり養子を迎えることでしょう。少子化が叫ばれる一方で、現在でも一定数、様々な事情で本当の両親のもとで生活することができない子供は多く存在します。そのような子供たちの親になる、という選択肢もあるのです。

では具体的に、養子とはどんなものなのでしょうか。養子といっても種類があり、特別養子と普通養子にわかれています。普通養子の子供は産みの親と育ての親、両方の親がいることが戸籍に記載され、育った環境いかんにかかわらず2組の親をもつことになります。一方で特別養子の場合は産みの親との関係は戸籍上削除されますので、血縁関係は別として事実上育ての親が正式な両親ということになるのです。そのため特別養子縁組をする場合は、子供の年齢が6歳未満であることが条件となっています。

さらに特別養子の場合は戸籍に記載される名称も「養子・養女」ではなく、「長男・長女」と記載され、養親が子供に伝えるか、DNA鑑定をしない限りは基本的に養子であることがわからないようになっています。しかし一方で特別養子を迎えた場合、特別な事情がない限りは養親が離婚することができなくなり、実親の遺産を相続する権利も消滅するといったデメリットも存在し、きちんと制度を理解することが大切です。

養子を迎えるのに必要は手続きは?

養子を迎える際には、児童相談所で行っている里親支援制度を利用し普通養子を迎える方法と民間の特別養子縁組支援団体に依頼する方法があります。

児童相談所で行っているものは基本的に普通養子となり、里親となるためには様々な研修や夫婦仲、家庭環境などを厳しく審査されます。普通養子となるべく子供の多くが、親の虐待や不慮の事故による両親の死など、厳しい環境のなかを過ごしてきています。なかには親に捨てられた、という子供も珍しくありません。そのため、二度と子供たちが親を失う、という経験をしないよう里親になる夫婦には必要以上とも思える条件が課せられるのです。

特別養子の場合は医療機関や民間の支援団体を通すことがほとんどで、実親との関係性を一切断つという特性から子供が出産直後か新生児期に引き渡されます。そのため出産前からどの子供を引き取るかが決定していますので、普通養子を迎えるときよりも養親に求められるものは多くなるでしょう。さらにこうした制度を利用する妊婦の多くが金銭的に困窮していますので、出産に関わる入院費用などを養親が負担することもあります。

また、正式には公表されていませんが特別養子を迎えるには養親にも年齢の上限が設けられているそうです。特別養子縁組をする場合は裁判所に申し立てをし、親子関係を認めてもらう必要があるのですが45歳以上を過ぎてしまうとほとんどが却下されてしまうのだとか。あまりに養親が高齢だと子供が成人するまでに死亡してしまう可能性が高くなる、ということが理由のようです。

このように、実際に自分たちの血縁ではない子供を育てるには数々の手続きが必要になります。同時に養育する環境や金銭的余裕など、しっかりと子供を育てる基盤ができていることも大事ですね。さらに大事なのが夫婦の考え方。確かに養子に出される子供たちは恵まれない環境で育っていて、一般的には「かわいそうな子供」でしょう。しかし、そのような認識ではまず里親や養親として認められることはありません。ましてや「男の子希望」や「産みの親が健康だった子供」など、条件を付けるのはもってのほかです。本当に自分たちの子供として、一切の偏見を捨てて正面から向き合える夫婦でなければならないのです。「自分たち夫婦に子供ができないから、養子を」という安易な考えでは、到底子供を育てていくことは難しいでしょう。そのくらい子育ては難しいということなのです。もし養子を選択肢に入れるということであれば、ぜひしっかりとお互いの子供に対する気持ちを確認することから始めましょう。そのうえで養子縁組に関するセミナーに参加するなど、養子に対する理解を深めていってください。

PAGETOP