homeHOME next 妊娠しやすい体を作ろう! next体質改善を目的とした漢方薬

体質改善を目的とした漢方薬

「産婦人科や不妊専門のクリニックなどで治療を受けても、なかなか子宝に恵まれない」「検査ではどこも異常がないのに、なぜか妊娠しない」…そのような場合、漢方薬を試してみるという方法があります。

体質改善を目的とした漢方には、血流を良くしたり、ホルモンバランスを整えたりする効果があります。実際に「漢方を飲むようになってから妊娠した!」という人も少なくありません。

体全体を整えることで、妊娠しやすい状態にする

不妊の原因は、人によって実にさまざまです。体のどこかに明らかな障害があって、それを取り除けば妊娠できる、という分かりやすいケースがすべてではありません。 実際、不妊の約1割は「原因不明」とされています。

また、たとえ原因が特定できても、それを治療すれば必ず妊娠できるというわけでもありません。妊娠とは非常に神秘的で、まさにコウノトリのご機嫌に左右されるかのような側面があります。 そんな妊娠の確率を、体質改善によって上げようとするのが漢方薬です。

漢方は、天然由来の「生薬」を組み合わせた薬で、その人その人に合ったものを処方する点が大きな特徴となっています。西洋医学の場合、「この症状にはこの成分」というような画一的な処方が基本ですが、漢方では患者さんの体質によって使う薬が異なるのです。 つまり今出ている症状だけを見るのではなく、体全体のバランスを整えることを重視するのが漢方だといえるでしょう。

不妊症でも、血流の悪い人には血のめぐりを良くする薬を、水分がたまっている人には余計な水分を排出する薬を出すなどして、全身の健康を良くすることを目的とします。そうして体が整えば、自然と妊娠しやすい体になるということです。

漢方は不妊症のみならず、西洋医学では原因が特定できない体調不良などに幅広く使われています。

不妊症によく処方される漢方薬とは?

このように漢方は体質によって処方が異なるため、不妊症で使われる薬もさまざまです。 例としては、冷えの強い女性には「当帰芍薬散」や「桂枝茯苓丸」、胃腸の弱い女性には「補中益気湯」や「人参湯」、肥満傾向にある女性には「防風通聖散」、精神的ストレスの大きい女性には「半夏厚朴湯」や「加味逍遙散」などがよく使われています。

また男性不妊に対しても、精子の数や運動率を上げることを目的として「八味地黄丸」や「補中益気湯」などが処方されています。

漢方薬は、通常の不妊治療と併用できるものが多いですので、興味のある人は医師に確認の上、漢方薬局などに相談してみるといいでしょう。その際、初回はじっくりとカウンセリングをしてくれるところを選ぶことをおすすめします。不妊以外で普段から悩まされている症状などを詳しく話すことで、本当に合った漢方が分かるからです。

カウンセリングが充実しているところは、たいてい健康保険が適用されないのですが、本来の漢方とはそういうものだともいえます。月にどれくらいの費用がかかるのかも含めた上で、ぜひ相談してみてください。

PAGETOP