homeHOME next妊娠の基礎知識 next「着床出血」と「妊娠検査薬のフライング」

気になる「着床出血」と「妊娠検査薬のフライング」

1日でも早くベビーを待ち望んでいる女性は、毎月、高温期に入ると期待と不安でドキドキすると思います。どんな些細な体の変化にも敏感になり、「これって妊娠!?」と思うかもしれませんね。

そんな時期の女性が気になる、「着床出血」と「妊娠検査薬のフライング」についてご紹介します。

着床出血のメカニズムと、注意したいこと

着床出血とは、その名の通り着床時に見られる出血のことです。ただし実際には着床時とは限らず、妊娠した直後に見られる出血をすべて含めてこう呼んでいると思われます。おそらく「妊娠生理」と同義でしょう。

一般的には、出血は生理予定日近くに見られることが多く、その量は明らかに生理より少ないのが特徴といわれています。出血期間は人それぞれで、1日だけの人もいれば、2~3日続く人、長い場合は生理と同じく1週間近く続く人もいるようです。

受精卵が子宮に着床する際、ベッドである子宮内膜を少しずつ溶かしながら奥へと根を張ります。そして一部の血管を破壊して、そこから栄養や酸素を供給するため、この時に出血が起こるのではないか、というのが1つの説です。

もう1つ、女性ホルモン説もあります。通常、妊娠が成立するとhCGというホルモンが分泌され、これによって次の排卵や月経がストップします。しかしhCGの分泌量が少ない場合、月経ほどの量ではないにせよ、少量の出血が見られることがあるようです。 ちなみに通常の月経と同じくらいの出血が起こる女性もまれにいて、妊娠にまったく気づかなかったというケースも報告されています。

着床出血の正体としては、上記のようなものが考えられるのですが、実際に見られるのはごくわずか(1~2パーセント)の女性といわれています。また着床出血の知識があることで、逆に異常を見逃してしまうこともあるため注意が必要です。

特に気をつけたいのは、子宮外妊娠です。卵管内で受精卵が育ってしまう子宮外妊娠の場合も、ちょうど同じような時期に出血が起こることがあります。 ですから不妊治療中の出血には注意を払い、痛みなどがある場合は早めに受診するようにしましょう。正常に妊娠が成立していれば、着床出血だったと考えられます。

妊娠検査薬のフライングについて~陰性が陽性に変わることは?

生理予定日が近づくにつれ、ついフライングして妊娠検査薬を使いたくなってしまう女性はたくさんいると思います。妊娠検査薬は、前述したhCGというホルモンの量を測定することで妊娠の可能性を判定するものです。

最近の検査薬は精度が上がっているため、多くの場合、生理予定日には陽性を示すことが多いといわれています。中には、それよりも数日早くても陽性が出たという人もいるようです。

また、より少ないhCGにも反応する「早期妊娠検査薬」もありますので、フライングするならこちらを使うといいでしょう。ネットショップなどでは、数本セットで安く販売しているところもあります。

ちなみに最近の検査薬は、妊娠さえしていればうっすらとでも陽性が出ることが多いのですが、まれに陰性だったものが途中から陽性に変わることもあります。多くは排卵日がズレたケースで、この場合は自分で計算していたよりも妊娠の成立が遅かったことになります。 ですから生理の血を見るまでは、日数をあけて再度試してみるようにしてください。

PAGETOP