homeHOME next不妊治療での注意 nextコミュニケーションを大切に

コミュニケーションを大切にしよう

「二人の間に愛の結晶である子供がほしい」
多くの妊活は、そんな思いからはじまっているはずです。
しかし、つらい不妊治療でストレスをため、なかなか子供ができない焦りを感じ、女性の心は次第にすさんでいきます。

ついついパートナーに当たってしまうという人も少なくありません。

男性は、女性の追い詰められた精神状態をきちんと理解することが難しく、女性の言葉を真に受け、激しく腹を立ててケンカとなる場合も多いようです。

ケンカの原因はコミュニケーション不足

まず始めに、男女の考え方は全く違うということをしっかり理解する必要があります。
特に妊活問題においては、その違いは非常に大きいのです。

女性は妊活を始めると、「これから生まれてくる子供」が何よりも大切という考え方をする傾向が高くなります。苦しくても、これから生まれてくる子供のために努力するんだ、といったモチベーションで妊活を乗り切ろうと頑張るのです。

対して男性は、まだ存在もしていない子供よりも、目の前にいる妻の方がずっと大切、といった考え方をする場合が多いようです。
子供はほしいのですが、それよりも「妻の望みを叶えてやりたい」というモチベーションで行動する傾向があります。

このため、女性が「もういやだ」などと弱音を吐けば、男性は「じゃあ、やめよう」などとあっさり答えてしまい、女性から「私はこんなに頑張っているのに、なぜそんなに軽々しく言えるの!」などと責められたりするのです。

なぜと言われれば、それは女性の体が心配だからなのですが、そこまできちんと説明する男性は少数派で、多くは双方が誤解したまま関係を悪化させてしまうのです。

女性にのみ負担がかかることも原因

不妊治療では、身体的にも精神的にも負担のほとんどは女性にかかっていきます。
男性にとってもこれは心苦しいことで、遠慮がちになり、自分の意見は言わず、相手の望むとおりに従おうとします。

しかし、こういう態度は女性の気持ちを逆なでする場合があります。特に体外受精などの治療を行う際には、投薬の影響で精神的にも不安定になりやすいため、
「相談しても、まともな返答をしてくれない」「一人で頑張っているような気になる」といった不満を爆発させ、男性に八つ当たりをする場合も多くなります。

女性同士であれば、単なるヒステリーだと受け流すこともできますが、男性は言葉を額面通り受け止める傾向が高く、この八つ当たりが原因で夫婦の距離が大きく離れてしまう場合もあるようです。

定期的なインターバルを持とう

そもそも、二人の愛の結晶を持ちたいと思い妊活をはじめたはずなのに、妊活によって二人の中が壊れてしまっては本末転倒です。
最も大切なのは夫婦が仲良くいることですので、心身に疲れを感じたら一度、休んだ方が良いでしょう。

女性が妊娠する期間には上限があり、焦る気持ちは分かるのですが、気持ちが整わないままに治療を進めても、治療費ばかりがかさみ、かえって逆効果となる場合も多いのです。

また、実際に子供が生まれた後では、夫婦二人の時間をゆっくり楽しむことは難しくなります。今しかできない贅沢な時間の使い方を、今のうちに楽しもうという心のゆとりも大切ではないでしょうか。

PAGETOP