赤ちゃんがほしい夫婦のための、「不妊」の基礎知識

赤ちゃんがほしい夫婦のための、「不妊」の基礎知識

不妊とは、自然な性交渉によって妊娠に至らない状態を指します。一般的には「避妊せずに2年が経過しても妊娠しない場合」ですが、特に女性の年齢が上がれば上がるほど早めの検査と治療が望ましいとされています。

不妊の原因は男女のどちらにもあり得る

統計的には、避妊せずに通常の夫婦生活があれば半年で7割、1年で9割、そして2年あればほぼ10割の夫婦が妊娠するといわれています。ここから「2年妊娠しなければ不妊」という定義になったものと思われます。

現在、日本人夫婦の7組に1組が不妊を抱えているといわれます。古くから子どものできる、できないについては女性側の責任だと考えられ、時に侮辱的な言葉で差別されてきた時代が続きました。 しかし現在では男女双方に原因があり得ることが明らかとなっていますから、不妊の検査には早期の段階から夫婦そろって参加することが大切なのです。

女性側の原因としては、まず卵子に関わる排卵の問題や、精子が移動する子宮頸管の問題、そして受精卵が着床する子宮の問題などが考えられます。一方、男性側の問題としては精子の数や運動率の問題、 また性行為がスムーズにいかない勃起障害(ED)も原因の1つです。

またどんなに検査をしても原因を特定できない場合もあります。

晩婚化と社会的なストレスも原因に

不妊に悩むカップルが増え続けている背景に、女性の社会進出と晩婚化が挙げられます。どんなに時代が変わろうとも、女性の妊娠適齢期は昔から変わらず「閉経の10年前まで」というのが定説です。

よく35歳が目安にされていますが、これ以降の妊娠率が一気に下がることは疫学的にも認められています。

また時代の変化は男性側の心身にも影響を及ぼしていると考えられます。たび重なる仕事のストレスや不況への不安などから、若い世代でもEDを発症する男性が増えています。 いわゆる「環境ホルモン」の影響も無視できません。

さらに子どもが授からないことで新たな「不妊ストレス」につながる人も多い上、現在のところ不妊治療に健康保険が適用されないことから、経済的な負担ものしかかってきます。

なるべく妊娠率を上げるためにも、女性は出産を組み込んだ上での人生設計を考えると同時に、30歳を過ぎたら一度早めに体のチェックを受けることをおすすめします。そして男性側も自分に因子がある可能性を考え、 検査に積極的に参加することが望ましいでしょう。

PAGETOP